倉敷商工会議所青年部

 青年部のページへ





「このページにリンクさ
 れる方は上記のバナー
 ご利用ください。」

あなたの大切な人を助けるために・・・。
 「倉敷商工会議所青年部では普通救命講習受講を推進しています」

 「ご存知ですか?」1分1秒の早期の対応が重要です。
 「倉敷商工会議所青年部メンバーは普通救命の重要性を感じています」 突然の心肺停止、それは決して他人事ではありません。 日本では、1日に約100人もの方が心筋梗塞などの突然の心肺停止により亡く なっています。 倉敷市消防局管内では、1日約50〜60件の救急車出動があるそうです。 119番通報があり、現場到着までに約7分(平均)かかるそうです。 心臓停止の傷病者を約3分間放置しただけで、生存率は実に約70〜50%となり、約5分 後にはさらに低くなります。 救急隊到着までの時間が生命を大きく左右することになります。 人間の脳は呼吸が止まってから4〜6分で低酸素による重大な状態に陥ってしまいます。 また脳自体に酸素を蓄える能力がなく、絶えず酸素を供給し続ける必要があるため、一 刻も早く脳に新鮮な酸素を送る必要があります。 また、血液供給停止状態となると約10秒間で意識がなくなり、約1分間で自律呼吸がで きなくなる。救急隊到着までの数分間に現場に居合わせた人が、心肺蘇生が行われるか どうかが救命率を大きく左右されます。 1分1秒でも早期の対応が不可欠といえます みなさんもいざという時のために、AEDの使い方と心肺蘇生法を学びませんか。 「あなたの大切な人」を助けるために・・・。



  ▲トップ
@声をかける A救急車、AEDを頼む Bあご先をあげる
C普通どおりの呼吸確認 D大きな口で、
 相手の口をおおい、
 1秒ずつ、
 2回続けて吹きこむ
E心臓マッサージ
 胸の真ん中を強く
 (胸が4cm程度沈む)
 休まず30回
(1分間に100回のリズムで)
*心臓マッサージ30回と人工呼吸2回 繰り返す
(*アメリカ心臓協会、アメリカ合衆国の医学系学会にて、国際ガイドライン策定。5年に一度改正)



  ▲トップ
AEDとは自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)
操作は簡単で、AED器機の電源を入れれば、音声指示にしたがっての操作のみ
です。


取り付けもイラストにより分かりやすく説明されています。医療知識や複雑な操作
なしに電気的除細動が実行できます。AEDによる除細動の施行と併せて、そばにいる
者が心臓マッサージ・人工呼吸を継続して行うことも救命のために不可欠である。
@スイッチをいれる A絵のとおりパッドをはる B準備しながら心臓マッサージ をする
Cコードを接続 D周囲を確認 離れる
 (患者に触れないこと)
E電気をあたえる
F直ちに心臓マッサージを行う
心臓マッサージ(心肺蘇生法)←→ AED使用  
      (交互につづける)



  ▲トップ
 簡単な心肺蘇生マニュアル(上記手順)を携帯で回覧出来ます。
 いざというときのため、こちらのQRコードを読み取っていただき、保存してください。


  QRコードは潟fンソーウェーブの商標登録です。



  ▲トップ
倉敷市消防局では、各消防署にて普通救命講習を実施しております。
詳しくはお近くの消防署へお問い合わせ下さい。
     毎年受講者数1,500人から1,800人が講習を受けています。(倉敷消防署館内)

     講習内容  1.成人に対する心肺蘇生法(人工呼吸と心臓マッサージ)
           2.大出血時の止血法
           3.AED(自動体外式除細動器)の使用法
     受講対象者 倉敷市内にお住まいの方、または倉敷市内にお勤めの方
     講習時間  3時間
     修了証   一定以上の救命技能を身に付けた方には、普通救命講習T修了証
           を交付します。
     再講習   救命技能を維持・向上するため、努めて2〜3年毎に講習を受
           けてください。
     受講場所  お近くの消防署へお問い合わせ下さい
     受講料   無料


     倉敷市ホームページ AED設置場所
     http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=5075

     倉敷消防局 普通救命T受講について
     http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?moduleid=31746

     救命講習受講申請書
     http://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/8228/kyuumeikousyuu.pdf





     倉敷商工会議所青年部は平成21年10月24日普通救命講習を受講しました。
     詳しくはこちらまで http://www.kurashiki-yeg.jp/aed.html


     救急隊が現場に到着するまでの間、家族やその場に居合せた方々による手当が
     適切に実施されれば、傷病者の救命に大きな効果があります。
     多くの方に受講して頂きたいと思います。